2006年04月08日

鯉のぼりポール建て

 今日はヒジョーに天気がよいので鯉のぼりのポールを建てました。
自分の実家から鯉のぼりを、嫁の実家からはフラフを頂きました。
一般的には鯉のぼりと幟ですが、高知県の東部では幟ではなく
大漁旗によく似た横長のフラフを上げます。
 自宅は団地ですのでポールは1本しか建てられません。
もう1本は近くの実家の空き地に建てることに。

鯉のぼり
サイズは4m。庭に上げられるかちょっと不安です。

鯉のぼりポール
ポールは8号 イオンで21800円 補助ロープが必要なタイプですが、
価格で決定。

ポール建て道具
パイル打ち込み用の大ハンマ・地面の整地、掘削にスコップ
・小ハンマ・風車組み立てに割りピンを使いますのでペンチ
スパナ13mm、17mm・メジャー

パイル打ち込み
大ハンマでパイルを打ち込み。 付近の電線や家にかからないよう
メジャーで測って建てます。短いですがキチンと垂直に立てないと
後で大変です。少しの傾きでしたら傾いたほうの下にくさびを打ち
込むと直せます。

ポール建て1
 この状態で垂直を確認するとよいです。

完成
 完成。補助ロープがかなり庭を占領しています。
このタイプのポールはパイルが短く、風に対する支持は補助
ロープの張り方に懸かってます。最初の2本で少しロープ側に
傾けてきつめに縛り、最後のロープで垂直に戻すといいです。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by Pip at 18:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鯉のぼりを上げてもらえるなんて
羨ましい環境ですね!
Posted by やじばば at 2006年04月11日 22:19
せっかく戴いたものですから、2本立てるのは
大変ですが精一杯上げていきたいと思います。
団地の中でも上げている家はありませんので。
Posted by Pip at 2006年04月12日 20:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。